タイ古式マッサージ

広島 タイ古式マッサージ エレミヤ
お客様の状態に合わせてゆっくりとマッサージをすすめます

広島のタイ古式マッサージ エレミヤ

 

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージでは、まず足裏を施術することから始めます。次に脚全体をエネルギーライン(セン)に沿って刺激します。「セン」を刺激することで、リンパ・血液の流れを整え、滞った老廃物の排出を促します。とくに重要な「セン」は10本あり、そのうち6本が脚に集中しているので、タイ古式マッサージでは脚のマッサージに重点を置いています。単なる局部的施術ではなく、カラダ全体の血流・リンパの流れを良くすることで、体調の改善を図るのが、タイ古式マッサージの目指すところです。

 

「マッサージ」と「手当て」

子供の頃、お腹が痛い時、お母さんにお腹をさすってもらうと、不思議と痛みが和らいだ、というような記憶はありませんか?手当て」という言葉があるように、手で人に触れることには、癒しの効果があります。実際、アメリカでは、触れることやマッサージの効果についての研究が進んでおり、その効果が証明されているようです。タイ古式マッサージも普通のマッサージも、人の手で行う「手当て」という意味では同じだと思います。

 

「タイ古式マッサージ」と「普通のマッサージ」の違い

小さいころは「肩が凝った~、肩もんで~」と言われると、お菓子をもらって、祖父母の肩たたきをしたものですが、タイ古式マッサージでは、肩がこっているからといって、肩だけをもんだり、トントンたたいたりはしません。肩が痛いからといって、痛みの原因が、その個所にだけあるとは限らないからです。ですから、足先から頭まで、時間をかけて全身をマッサージすることで、全体の滞りをなくし、流れを整えていきます。「肩が痛いとカウンセリングでは言ったのに、どうして足からマッサージするのかな?」と思われるかもしれませんが、それにはこういう理由があるからなんです。もちろん、特にお疲れの部分があれば、その個所がほぐれるように、重点をおいてマッサージいたします。

 

「象の歩みのような」

もうひとつのタイ古式マッサージの特徴は、ゆったりとしたリズムにあります。ゆーらゆーらとゆれるように、まずは適度な圧をかけ(緊張状態)、それを開放することで(弛緩状態)筋肉はダランとゆるんできます。この「緊張」と「弛緩」を繰り返すことで、体の緊張は徐々にとかれ、全身がリラックスした状態になります。この状態で、体をストレッチをすると、本当に気持ちがいいです。エレミヤでは、ゆったりとしたストレッチを取り入れたマッサージ(チェンマイ式スタイル)を採用しております。お客さまの呼吸に合わせ、ゆっくり、深くマッサージを行ってきます。

 

★ タイ古式マッサージは、タイ本国では治療と認められておりますが、日本ではあくまでもリラクゼーションとしての施術となります。 

 

Home 戻る